So-net無料ブログ作成

「島木赤彦臨終記」 [日本文学]

shimagi.png 
<島木赤彦>

  島木赤彦(1876~1926)は、明治・大正期に活躍したアララギ派の歌人。
  胃がんにより、1926年、下諏訪町の自宅で51歳で亡くなった。

  「島木赤彦臨終記」は友人で医師・歌人の斎藤茂吉がその年の5月に雑誌で発表したもの。
  (岩波文庫「斎藤茂吉随筆集」所収)

<3月1日>
  がんが肝臓に転移して、黄疸の症状がでてきた。
  また、腰の痛みのためにあおむけに寝ることができず、こたつにうつぶせになることが多かった。
  本人はがんであることは知らされておらず、病気を退治できると思っていた。

<3月21日>
  この頃の作 「神経の痛みに負けて泣かねども 夜ごと寝られねば心弱るなり」
  また、「身のおきどころがない。座っていても玉のような汗が額から出てくる。いかんともしようがない」ということであった。

<3月22日>
  顔面は純黄色に変じ、縦横無数のしわができ、頬がこけていた。
  話は出来るが、つらそうであった。

<3月23日>
  家人に、来客の接待について指示を出していた。
  強心のための注射、ならびに神経痛のための注射を打ってもらった。
  注射が効いて、いろいろ話することができた。
  夜、「今晩、俺はまいるかも知れない」といった。

<3月25日>
  意識が濁りかけた。
  あおむけに寝るようになった。

<3月26日>
  縦横無数のしわが全く取れて、沈痛の顔貌がごく平安な顔貌に変わった。
  意識はすでに清明ではなかった。
  瞳はもはや大きくなっていた。
  問いかけに返事をするも、非常にかすかな声であった。
  急に脈拍が悪くなることがあった。
  3時間おきに強心の注射を打った。
  夜、息も脈も細り、体が冷えかけた。

<3月27日>
  朝、脈拍はもはや弱く不正で、脈が飛ぶことがあった。
  息も終焉に近いことを示していた。
  平安な顔貌にいくらか苦しみの表情が出てきた。
  時々唸りがあった。
  脈拍が触れなくなった。
  血縁者は、かわるがわる立って口唇を潤した。
  主治医の静粛な診査があり、息は全く絶えた。
  友島木赤彦君はついに没した。

  親族、友人など約40名が枕頭に集まっていた。


<島木赤彦の代表作>
  「土肥の海 漕ぎ出でて見れば 白雪を天に懸けたり 不二の高根は 」

  「湖の氷はとけて なほさむし三日月の影 波にうつろふ」

  「信濃路はいつ春にならむ夕づく日 入りてしまらく 黄なる空のいろ」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0