So-net無料ブログ作成
検索選択

「知らなかったぼくらの戦争」 [昭和史]

IMG_20170705_0001.jpg
 2017年4月、小学館刊。
 編著者は、アメリカ生まれのアーサー・ビナードさん。

 第二次世界大戦後も朝鮮戦争、ベトナム戦争と戦争が続くアメリカから、1990年に戦後は戦争がない日本に来て、いろいろな人に話を聞き、戦争のことを考えた。


1 太平洋戦争開戦時に小学生だった女性の話
  私の母は「日本は勝つはずがない」といった。
  私は母に「お母さんのような非国民がいるから日本は勝てないんだ!」といった。
  母は「あなたのような純粋な心には、お母さんはなれないよ」といった。
  私も内心では「日本はどうなるんだろう。負けるんじゃないか」と不安を感じた。

2 真珠湾攻撃
  1939年から始まっていたドイツの侵略戦争に対して、アメリカは対日対独宣戦布告の口実を血眼になって探していた。アメリカが参戦するには、困難な議会の承認を得る必要があった。
  1941年12月の時点で、米軍はすでにレーダーを開発していたので、日本艦隊の動きを事前に把握できていたはずだ。

  直ぐに代わりを用意できるアリゾナ号のような戦艦は、そのまま真珠湾に無防備にとどまっていた。撃沈されたら困る、大事な航空母艦はすべて前もって、ハワイから遠い海域に避難させていた。
  日本軍の真珠湾攻撃で2,345名のアメリカ兵が死んだ。
  アメリカは壮大な罠をしかけ、兵卒をネズミ捕りの餌のように利用して、「開戦」の口実を手に入れた。

  アメリカのカメラマンが撮った真珠湾攻撃の実写フィルムが、参戦に否定的だったアメリカの世論を、戦争賛成にがらりと変えた。

(そのころアメリカと日本の航空母艦の数はほぼ同じで拮抗していた。真珠湾攻撃は、敵のそれを叩くことが大きな目的だった。しかし、日本軍は航空母艦を沈めることは出来なかった。)

3 安倍総理の真珠湾訪問(2016年12月)
  安倍総理が真珠湾でこう話した。
  「戦争が終わり、日本が、見渡す限りの焼け野原、貧しさのどん底で苦しんでいた時、食べるもの、着るものを惜しみなく送ってくれたのは米国であり、アメリカ国民でありました。皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、日本人は未来へと命をつなげることができました。」
  いくらなんでも原爆投下を完全無視して、この期に及んで誰かの古着と粗悪な脱脂粉乳のお礼を述べるなんて。

4 日系アメリカ人の話
(1)真珠湾攻撃が報じられた日を境に、周囲の視線が急に厳しくなった。特にカリフォルニアというところは、そもそも東洋人に対して厳しい差別待遇をしていたけれど、中国人が一番排斥の対象になっていた。ただ、真珠湾攻撃の後、代わって日本人が一番排斥の対象になった。

(2)日系人の俺たちはアメリカ人だ。しかし、米軍による日本への爆撃の指揮官だったカーチス・ルメイ大将って、いまだに許す気持ちになれない。日本側にはもはや反撃する能力がないと知っていて、それなのにどしどし焼夷弾を落としまくって、日本中の都市を火の海にして、無差別殺戮を繰り返したんだ。

5 大久野島に学徒動員された女性の話
 *大久野島・・広島県竹原市にあり、ここで1929年から陸軍が毒ガスを製造した。
        1945年までの3年間に、中学生1,048人が動員された。

  大久野島で何が行われているか、まったく知らされなかった。
  到着して2,3日するとガスマスクが配られた。
  1か月もたつと、体調を崩す子が少しずつ出てきた。
  島全体が汚染されていた。
  昼食後に松葉をつまようじ代わりにした子は、頬や歯茎が腫れ上がったりした。
  
6 ニューギニアからの帰還兵の話
  日本が負けて、ニューギニアから撤退することになったとき、動けない重傷兵がいた。
  私は彼らに「必ず迎えに来るからな。もし死んでいたら遺骨を拾って内地に届けるから、それで勘弁せいや」、こう言い残して日本に帰ってきた。
  その約束を守って、戦後のニューギニアで遺骨の収集を続けた。

7 沖縄の女性の話
  沖縄から長崎に向かい、米軍の潜水艦の魚雷により撃沈された「対馬丸」に乗っていた。
  対馬丸には、本土に疎開する子供、老人、教員など1,800人が乗っていたが、生き残ったのは300人だけだった。
  9歳だったけれど、船が沈没した後、運よく筏に乗り込むことができた。
  水も食料もない中を漂流して六日目に救助された。

 (対馬丸はスピードの遅い中古の貨物船だった。出航する際は2隻の軍艦が護衛についていたが、それらは米軍の潜水艦の襲撃を恐れ、スピードの遅い対馬丸を残して先に行ってしまった。)

  国は、この惨事を隠ぺいするため、生き残った女性たちを家に帰さず、隔離した。
  ようやく帰ることができた沖縄では、直ぐに沖縄戦が始まった。
  山奥へ逃げ、何とか生き延びることができた。

<対馬丸>
対馬丸.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: