So-net無料ブログ作成

「ユダヤ人とドイツ」 [世界史]

IMG_20170706_0001.jpg
 講談社現代新書の一冊。1991年刊。
 著者は、古代教会史を専門とする大澤武男さん。

 キリスト教的ユダヤ人観では、ユダヤ人は救世主キリストを殺し、永遠に神から呪われ、放浪の身分にある人たちである。

 11世紀末、第一回十字軍のドイツ人参加者は、遠路聖地へ向かう資金を稼ぐため、ライン川沿いにある豊かなユダヤ人地区を次々と襲い、略奪と殺戮を重ね、異教徒征伐をすると同時に、資金、物資の調達をした。

 それに続く第二回、第三回の十字軍による迫害をはじめ、政治危機や社会不安、人災、天災、凶作、ペストなどを契機とした民衆の激昂、極度の不安や怒り、宗教的狂信、偏見、誤解等によりユダヤ人は繰り返し迫害された。

 両替、質屋、金貸し業を主たる職業としていたユダヤ人は、住居や身分の不安定性から、他の地域へ移住しても困らないよう自己の財産を金、銀、貨幣等で蓄えていた。宗教的な迫害にかこつけて、実態はしばしばユダヤ人の持つ財産の掠奪であった。また、ユダヤ人から借金の証文を奪い、焼き捨てることも迫害の重要なねらいであった。

 ユダヤ人というと「高利貸」というイメージがあるが、13世紀ごろまでには、公職のみならずほとんどすべての職業から締め出され、金貸し業が唯一残された仕事であった。なお、当時、キリスト教徒は利息を取って金を貸すことを禁止されていたが、ユダヤ人にはこうした制限はなかった。

 しかし、キリスト教徒から見ると、ユダヤ人は高利貸で暴利を得ているとされ、場合によっては奪い取っても良いものというような、略奪を正当化する考えが形成されていった。

 キリスト教徒とユダヤ人の分離が推進され、「ゲットー」というユダヤ人の居住区形成につながった。

 一方、15世紀末に始まる大陸発見時代とそれに伴う商品経済の著しい拡大は、ユダヤ人の経済活動を大いに有利な方向へ変化させていった。
 ユダヤ人は金融業を営むかたわら、広域商取引に乗り出した。
 また、多くのドイツ諸侯が経済力を蓄えたユダヤ人を側近に召し抱えた。
 そうしたユダヤ人の役割は・・
 ① 戦費や軍事物資の調達者
 ② 国家財政の顧問、資金提供者
 ③ 貨幣の鋳造、提供者

 20世紀初頭まで、ドイツの王侯、貴族とユダヤ人資本家との関係は切り離せない深い結びつきがあった。

 このように一部のユダヤ人の活動の場は広がっていったものの、ユダヤ人の基本的人権という面に関しては、中世の状態と大きくは変わらなかった。
 ユダヤ人の解放を行ったのは、ナポレオン率いるフランス革命軍であった。
 フランス革命軍はユダヤ人をゲットーから解放し、ユダヤ人に市民権が与えられ、自由と平等を付与した。
 しかし、ナポレオンの敗退とともに、ユダヤ人の対する処遇も後退することになった。

 19世紀中頃から始まったドイツの産業革命で、ユダヤ人の果たした役割は大きかった。
 鉄鋼業、繊維工業、鉄道敷設、海運業など、ユダヤ人により行われた。
 また、フランクフルトの銀行の7分の6はユダヤ人の経営であった。
 1900年頃、ドイツの人口の1%にしか過ぎなかったユダヤ人は、平均してドイツ人の6.7倍の富を蓄えていた。

 このようなユダヤ人の繁栄の一方で、ドイツ人の間に「反ユダヤ主義」が芽生えることになった。
 「反ユダヤ主義」には「怒り」と「恐れ」が含まれていた。
 「怒り」とは、19世紀初頭以来のユダヤ人解放による、彼らの著しい経済的進出に対するドイツ社会の嫉妬。
 「恐れ」とは、目覚まし進出を見せる異質の小数派ユダヤ人に対する、自信を持てないドイツ民族の感情である。

 第一次大戦では、ユダヤ人はドイツ軍の兵士として積極的に参加した。
 しかし、敗戦に終わり、ベルサイユ条約による過酷な賠償請求に打ちひしがれるドイツ人の中で、敗戦の責任はユダヤ人にあるという根拠のない主張が、一般ドイツ人の共感を呼ぶことになった。

 この後、「反ユダヤ主義」がドイツ人の間に浸透していった要因としては・・
 ① 東ヨーロッパからの東方ユダヤ人の流入
 ② 戦争中の物資補給悪化の責任をユダヤ人に転嫁
 ③ ポーランドやロシアからドイツへ逃れてきたユダヤ人共産主義者の存在

 そして、ヒトラーの狂気へと続く・・