So-net無料ブログ作成

創氏改名 [昭和史]

IMG_20170928_0001.jpg

 以下に拠る。
  「創氏改名」 (岩波新書、2008年刊。著者は朝鮮近代史を専門とする水野直樹さん。)

1 創氏改名とは
  日中戦争が泥沼化していた1940年、日本の支配下にあった朝鮮において、朝鮮人の名前を日本人風に変えさせようとした政策。

2 朝鮮人の名前
  朝鮮人の名前は、以下の三要素で構成されている。
    「本貫」 属する宗族集団の始祖の出身地。
    「姓」  金、李、朴など1字から成るものが殆ど。
         子供は父姓を名乗る。
         女性は結婚しても夫の姓ではなく、父姓を名乗り続ける。
    「名」  同一宗族集団の同世代の男子には、共通の一文字を入れるなど、一定の決まりがある。

3 韓国併合(1910年)以降の、朝鮮人名に関する日本の方針
(1)朝鮮在住者のうち、日本人は日本の戸籍に、朝鮮人は朝鮮の民籍に登録された。
   戸籍によって、民族を区別する強固なシステムが築かれた。

(2)朝鮮人が、日本人風の姓名をなのることを禁じた。
   (名前で、朝鮮人と日本人を区別できるように)

4 創氏改名の実施
(1)創氏改名を実施するための民事令改正案は朝鮮総督南次郎から内閣総理大臣に送られ、閣議決定の後、天皇の裁可を得て確定した。

(2)この改正案の内容は・・
  ① 戸主は「氏」を設定し、届け出ることができる。
  ② 届け出がない場合は、戸主の「姓」を「氏」とする。

(3)この改正案の通りであれば、単に「姓名」を「氏名」に呼び変えるだけで、従来通りの名前を使用できるように読める。
   しかし、総督府は「氏」を、二字から成る日本人風の名前のみ認める、ということにした。

5 創氏改名を実施した理由
(1)宗族集団の弱体化を図り、家長が統率するイエを天皇のもとに編成することによって、植民地に天皇制国家の社会的基盤を築こうとした。

(2)日本人との一体感を強め、朝鮮人にも徴兵制を実施しようとした。
   (1938年から志願兵制度はあったが、朝鮮人に対する徴兵が実施されたのは1944年から)

6 朝鮮人の抵抗
(1)朝鮮は儒教の影響で、親族の結束が強く、それを三要素で構成される、朝鮮人の名前が表していた。そこに、日本の天皇制的な家族制度を持ち込もうとした。朝鮮人に日本の宗教を強制するようなものであった。

(2)しかも、それは法律上は強制ではなく、運用で厳しく押し付けようとしたものであった。
   また、日本人と朝鮮人との区別がつかなくなるとの批判が警察などからあったため、日本にある苗字をそのまま氏として使うのを控えるようにとの指示が出されるなど、方針が揺れ動いた。

(3)しかし、総督府はいったん決めた創氏改名の施策を押し通した。

7 梶山季之の「族譜」 
IMG_20170928_0002.jpg

(1)ソウル生まれの小説家、梶山季之(1930~1975)は、1952年に朝鮮の創氏改名の問題を取り扱った「族譜」という小説を発表した。

(2)旧家で大地主の当主は、親日家であったが、700年の歴史のある家名を守り抜こうと、権力の様々な圧力に抵抗した。

   彼の家には、「族譜」という、一族の婚姻、生死などを丹念に記載した系譜があり、その一族の系譜、700年の一族の繁栄の歴史を、後世に引き継ぐのが彼の最大の使命であった。
  
   彼は言う。
  「私の父も、祖父も、曾祖父も、みなこの記録を一族の伝統と誇りにかけて護りながら、書き加えてきました。創氏改名したら、祖先に済まない。創氏改名だけは私にはできない。700年の歴史が私の代で断絶したとならば、祖先は泣きます。」

   しかし、総督府は執拗に彼に創氏改名を迫った。あくまで任意であるので、処罰は出来ない。
   まず、娘の婚約者を無実の罪で検挙し、痛めつけた。
   次いで、孫たちの通う学校に手をまわして、孫たちをいじめぬいた。
   孫たちは彼に、創氏改名してくれるように懇願した。

   彼はやむなく創氏改名の書類を書いた。 
   そして、翌日、祖先に申し訳ないと言い残して、井戸に身を投げ死んだ。


nice!(0)  コメント(0) 

「戦争と新聞 メディアはなぜ戦争を煽るのか」 [昭和史]

IMG_20170921_0001.jpg

 著者は、元毎日新聞記者の鈴木健二さん。
 ちくま文庫の一冊。1991年から1995年にかけての新聞連載記事をもとにしてまとめたもの。

1 新聞が戦争を煽るようになったのはなぜか?
(1)日本は明治の初め以来、台湾出兵、西南戦争、日清戦争、日露戦争と戦争続きであったが、新聞各紙は戦況を伝える記事を大々的に掲載することにより、販売部数を大幅に増やすことができた。

(2)ラジオ放送が普及してくると、速報性で劣る新聞各社は、報道を急ぐあまり、軍部の情報をうのみにして記事にして流した。

(3)新聞は大きくなればなるほど多方面の読者に気を配らなければならなくなり、難しい話より卑近な話、天下を憂える論調より煽情的なニュースが幅を利かせるようになり、硬派的な編集は敬遠された。

(4)一方で、政府や軍部が新聞に対する規制を強めたため、次第に、政府や軍部に都合の良い記事しか掲載することができなくなった。

2 政府や軍部はどのように新聞に対する規制を強めたか?
(1)1918年のシベリア出兵に際して、世論を出兵支持に誘導すべく、読売新聞を軍部の宣伝機関としようとして、同紙に対して陸軍の機密費を注ぎ込んだ。陸軍はさらに同紙に出兵賛成派の人間を主筆として送り込み、出兵支持の社説を書かせた。

(2)右翼を使って、批判的な記事を載せる新聞社に押しかけ、嫌がらせを繰り返した。また、右翼による政府首脳に対するテロの頻発も、新聞を怯えさせた。

(3)戦争遂行に否定的な記事を載せる新聞社に対して、在郷軍人会が不買運動を起こして、その経営を悪化させた。

(4)五・一五事件で、軍人の横暴を非難した新聞社に対して、軍隊がその新聞社の屋上を威嚇飛行をしたりして、嫌がらせを繰り返した。

(5)海外放送を伝播妨害で傍受しにくくし、また、外国出版物の流入を制限し、海外から不都合な情報が入ってくるのを防ごうとした。

(6)政府は、マスコミのトップを政府委員に任命して内部に取り込んだ。政府委員は「閣下」という敬称で呼ばれた。新聞は名誉心をくすぐられて軍部の軍門に下った。

(7)日中戦争の深刻化とともに用紙不足が明らかになり、政府は新聞用紙制限令を公布し、用紙の供給の手加減により新聞ににらみを利かした。

(8)新聞や通信社の強制的な統廃合を進めた。地方紙は一県一紙体制となり、多様な意見は抹殺された。

3 日中戦争ならびに太平洋戦争へと続く中で、新聞は軍部の流す虚報をそのまま流すか、あるいは、戦争を煽る根も葉もない作り話を平気で載せるようになった。

  1937年1月号の「文芸春秋」に掲載された新聞評では、以下のように書かれている。
  「礼儀をどこかに置き忘れてきたのが新聞だ。いたずらに早からんとするヨタ電は一利百害だ。ニュースは、もはや創作以外の何物でもない。創作が電報化し、活字化し、ニュース化することは、道徳の否定、現代科学への冒涜ではないか。」

  南京での日本軍による地元民の虐殺が起きた際には、日本の新聞は、敵兵を撃滅したとする戦果だけを報じた。実態は外国報道陣によって全世界に報じられていた。
  東京にいたある外務省の高官は日記に以下のように書いている。
  「上海から来信。南京におけるわが軍の暴状を詳報し来る。掠奪、強姦、目も当てられぬ惨状とある。ああこれが皇軍か。」

  ノモンハン事件で日本軍はソ連軍に惨敗したが、「ソ連空軍延べ出動約千七百機、外蒙・ソ連地上機械化四個師団を激撃して、わが軍はこれに殲滅的打撃を与えた」と報じた。

  真珠湾攻撃では、「米太平洋艦隊全滅す」と報じた。しかし、実際には、主力艦隊は湾外におり、被害を受けた艦艇は全体の八分の一程度であった。

  敗色濃厚であった1944年初め、東条英機首相は「一億が竹やりで九十九里浜の海岸に並んで、一人の米兵も上陸させない」と言った。そのすぐあと、毎日新聞に「敵が飛行機で攻めてくるのに竹やりでは戦えない。必勝の信念だけでは戦争には勝てない。」との記事が出た。これを書いた記者は37歳であったが、懲罰召集となった。陸軍は硫黄島へ配属させようとしたが、海軍がその記者をかばい、報道班員としてフィリピンへ行かせた。


 * 真実を知ることは大事なことであるが、時の権力者はその真実を隠そうとする。
   いつの時代も変わらない。
   今も権力者は新聞やテレビに圧力を加え、国民の目を真実からそらそうとする。



nice!(0)  コメント(0) 

「アメリカの日本空襲にモラルはあったか」 [昭和史]

IMG_20170827_0002.jpg

  著者は、歴史学を専攻する、カリフォルニア州立大学のロナルド・シェイファー教授。
  原著は1985年に出版された。

  本書では、日本への無差別爆撃や原爆投下について、道義的な面からどのような検討がなされたかについて、検証している。

1 戦争観の変容
  第二次世界大戦までは、以下の考えが大勢を占めていた。
  ①「文明化」した国の住民を攻撃対象とすべきではない。
  ② 大都市は破壊すべきではなく、需要な文化財には手をつけてはならない。


  しかし、第一次大戦後、こうした考えが以下の要因により、大きく変わることになった。
  ① 航空機の発達
  ② 第一次大戦における、地上戦での甚大な人的被害(民間人を含め2,000万人)

2 イタリアのドウエット将軍の考え
(1)第一次大戦後、ドウエット将軍は以下のように考えた。
  ① 戦争は、あらゆる人的・物的資源を破壊しようする全国民の戦いとなり、戦闘員と非戦闘員の区別を消滅させる。
  ② 戦争の主たる手段は航空戦力であり、爆撃機による都市爆撃は敵国民を恐怖に陥れる。
  ③ 将来の戦争は非人間的で残虐な行為となる。恐るべき攻撃がいかに非人間的で、極悪非道であるとみなされようと、誰もそうした戦慄すべき攻撃実行にひるみはしないであろう。

(2)ドウエット将軍の著書は、英語に翻訳され、アメリカ航空軍の幹部にも大きな影響を与えた。

3 アメリカが日本への空襲を実施した理由
(1)以下の理由による。
  ① 木造建築物が密集する地帯への焼夷弾攻撃は、多大な効果が期待できた。
  ② 戦闘地域での日本軍兵士の自決や神風パイロットの艦隊への突入など、死を恐れぬ行動から、日本人を降伏させるのは容易ではない、と考えられた。
  ③ 日本本土侵攻ということになれば、双方に多大な被害が予想された。

(2)また、日本軍の以下のような残虐行為が反日感情を強めた。
  ① 中国の一般市民に対する日本軍による空襲
  ② フィリピンでの、「バターン死の行進」などの捕虜虐待や、現地住民の虐殺
   
4 京都が爆撃対象から外れた理由
  京都は軍事面、工業面で重要度は低く、当初、標的リストには入っていなかった。
  しかし、他の都市への空襲で焼け出された軍需工場が、京都の郊外に集まり出した。
  また、盆地であり、原爆の威力を測るのには適した地形だった。

  このため、原爆投下地として、京都は真っ先に候補地として挙げられていた。
  しかし、京都は最終的にはリストから除かれた。

  それはアメリカ陸軍のトップ、スティムソン長官の強い意向によるものであった。
  彼は、1920年代に3回、京都を訪れ、その美しさに魅了されていた。
  部下の将校たちは、京都への原爆投下を強く主張していたが、彼は、トルーマン大統領の了承も取り付け、対象から除外することにした。


 * 本書を読み、戦争を遂行した日本の中枢に以下のような憤りを感じる。
  1 ドウエット将軍の主張にあるように、世界は、第二次大戦開始前から航空機を戦略の中心に見据えていたのに対し、日本は大艦巨砲主義という時代遅れの戦術と、神頼み的な精神主義で、工業力で大きな開きのある米国と無謀な戦争を開始した。

  2 劣勢が明白になった後も、負けを認める勇気を持たず、インパール作戦のような無茶苦茶な作戦を行い、また、フィリピンや沖縄を焦土とした。

  3 日本本土への連合軍の上陸が予想されるようになってからも、日本軍の中枢は、長野県の松代に地下壕を建設し、そこに大本営と天皇を移し、徹底抗戦を図ることを考えていた。空襲や原爆投下を是とするわけではないが、それらがなければ、容易に降伏はしなかったと思われる。

  4 アメリカが、民間人をも巻き込むような、日本への大規模空襲や原爆投下を行わず、戦争が長期化して、本土での戦闘が行われるようになっていたら、どのような結果をもたらしたであろうか。

  ① 九州や関東に連合軍が上陸し、激しい戦闘になる一方、北海道へはソ連軍が侵攻していたはず。
  ② 外地からの物資の供給は途絶え、また、農作などの食糧生産に大きな影響が出て、日本国民の多くは、戦闘に巻き込まれての死傷のほか、飢餓に苦しめられたと思われる。

  5 本土決戦となれば、少なくともさらに数百万の人命が失われたと思われるが、国体(天皇制)を守るためということで本土決戦までしようとするほど、日本の中枢は国民の人命を軽視していた。

  6 京都は、たまたま米軍トップに理解のある人がいたために救われたが、日本の中枢には日本の文化遺産を守ろうという気持ちはなかったに違いない。

nice!(0)  コメント(0) 

「加藤周一 戦後を語る」 [昭和史]

IMG_20170823_0007.jpg

 加藤周一さん(1919~2008)は、医学博士で評論家。上智大学教授、イエール大学講師などを歴任した。
 戦争と平和の問題に取り組んだ。

1 戦争を支える文化
(1)すべての戦争で、当事国は「平和のための戦争」であると主張する。
   日本は、日露戦争を「東洋永遠平和のための戦争」と言い、日中戦争と太平洋戦争を「大東亜共栄圏」の建設と平和のための戦争と言った。

(2)自衛のための戦争
   満州や中国での戦争も、日本は満州がなくては生きていけない、だから「自衛」のために外国の土地を占領する、という都合の良い主張をしていた。

(3)聖戦
   戦争では、敵が全部悪く、自分たちの方はは全部いいという見方をする。
   黒と白がはっきりしている。

(4)ナショナリズム
   自分たちは優れていて、敵は自分たちよりも劣っていると考える。
   人種的差別、人種的偏見が根底にある。

(5)大衆操作
   戦後、多くの日本人が「だまされていた」と言った。
   しかし、それはだまされた方が楽だったから。
   多くの知識人が、真実を知ろうとする努力をしなかった。

2 戦後世代の責任
(1)人は、メディアを通じての政府の大衆操作、世論操作に弱い。
   だから、操作に流されないために、自分の持っている知的能力で、よく観察し、事実と突き合わせて分析して、嘘は嘘だということを見破ることが必要。

(2)「みんなで渡れば怖くない」という大勢順応主義に流されがち。
   大勢順応主義に抵抗するためには、少数派になる勇気が必要。

(3)日本人には、差別意識がある。
   外国人に対する差別、女性に対する差別、人種による差別を排除しなければならない。
   人間に対する尊厳、平等の意識を持つ気持ちが、平和を維持する力となる。

3 日本人の付和雷同性
(1)以下のような要因に拠る。
 ① 水田耕作など、村共同体での労働集約型の農業に従事する際は、各自が自己主張をすると成り立たなくなるので、和をもって尊しという考えが強まった。

 ② 江戸時代の徳川政権、明治以降の天皇の神格化、戦争直後の占領軍の絶対的な権力など、日本人は圧倒的な独裁権力に支配される時代が長く続いた。

(2)付和雷同性の欠点
   共同体の団結が強いと、与えられた目標を達成するためには素晴らしい能力を発揮する。
   しかし、政治の面では、これはまずい目標だから、目標を考え直した方がよいということがある。
   付和雷同性が強いと、こういう方向転換能力がない。
   団結一本社会は、目標を達成するために能率は良いが、少数意見を入れない。
   少数意見を言うと、それでもお前は日本人かと言われる。
   
4 宗教と政治の分離
  表現の自由を守る基本的な条件の一つは、宗教的権力と国家権力、政治権力を明確に分離することである。
  何らかの宗教的信念あるいはイデオロギーを絶対化すれば、別の意見の持ち主は間違っていることになる。
  しかし、宗教的信念も、イデオロギーも、自分はこれが正しいと思うけど、別の人は別のことが正しいと思うだろうと、相対的に考えることができれば、話し合いが可能になる。
  議会制民主主義というのは、立場の違いを認め合わなければ成り立たない。

  宗教的権威と国家権力が一致した場合(祭政一致)、その宗教的信念を認めないものはみんな間違っているということになり、反対する者を捕えたり、殺したりすることになる。
  国内での圧政的な独裁が成立することになる。

  戦前の日本は、「天皇は神聖にして侵すべからず」ということで、祭政一致の状態にあった。

nice!(0)  コメント(0) 

「砕かれた神 ある復員兵の手記」 [昭和史]

IMG_20170804_0001.jpg

  朝日選書の一冊。1983年刊。
  著者は、太平洋戦争で海軍に入り、米軍の攻撃により撃沈した戦艦武蔵に乗船していたが、奇跡的に救助された。
  1945年の終戦後、実家に戻り農業を手伝うかたわら手記を書き綴った。

1 敗戦まで思っていたこと
  おれはこの戦争が負けるとは思っていなかった。
  戦争は必ず勝つものだとあたまから決め込んでいた。
  たしかに味方の敗色は覆うべくもなかったが、そのうちに決定的な勝機をつかんで、戦局を一気に挽回できるのではないか。
  有史以来一度も外敵に侮られたことのない日本だ。
  最後には必ず勝つだろうとひそかに信じていた。

2 復員後の虚無感
  8月15日をさかいにおれはまるでやる気をなくしてしまった。
  もうなにもかもどうでもよくなって、急に投げやりになり、体を動かすのさえおっくうだった。
  復員して今日で七日目になるが、おれはまだ内から一歩も外に出ていない。

  みんなから開戦のことを聞かれたのには閉口した。
  とにかくおれは人前で戦場の話だけはしたくない。
  いくら話してみたところで戦場の真実は分かってもらえないだろう。
  言葉ではとても説明しきれるものではない。

  おれはいまも、戦艦武蔵から投げ出され海で漂流していた時のような気持ちだ。
  これからどこへ流されていくのか、どこへ着くのか、結局おれはこうして一生あてどもなく漂流を続けて終わるのかもしれない。

3 戦場の悲惨さ
  おれは戦場で人間の頭が砕かれ、胸が裂け、手や足が木っ葉の様に海に吹っ飛ぶのを見た。
  血まみれになって甲板をのたうちながら踏みつぶされた芋虫かなんぞのように死んでいくのを見た。
  そういう人間の無残な最期を今もうなされるほどこの眼で見とどけてきた。

4 東条英機大将
  自殺を図ったが未遂に終わった。戦犯として逮捕される直前にピストルを心臓に打ち込んだが、急所を外れてしまって死にきれず、アメリカ軍の病院に収容された。

  それにしても何という醜態だろう。
  陸軍大臣だった当時、自ら「戦陣訓」なるものを作った。
  「生きて虜囚の辱めを受けず。死して罪禍の汚名を残すことなかれ」はその中の一節である。
  軍人の最高位を極めた陸軍大将が、商売道具のピストルを撃ちそこなって、敵の縄目にかかる。
  これではもう喜劇にもなるまい。

5 昭和天皇
  天皇陛下が処刑されるかもしれない、といううわさが流れている。
  かりにもしこのうわさが本当だとしても、天皇陛下が敵の手にかかるようなことはまずないだろう。
  その前に潔く自決の道を選ぶだろう。それをおれは固く信じている。

  戦争は天皇陛下のご命令で開始され、惨憺たる敗北を喫したあげく、最後も天皇陛下のご命令で終止符が打たれた。
  そして、その間たいへんな犠牲者を出したのだ。
  天皇の名によって、おびただしい人命が失われたのだ。
  畏れ多いことだが、この責任は誰よりもまず元首としての天皇陛下が負わなければならない。

6 マスコミへの怒り
  この頃の新聞の豹変ぶりは実にひどい。
  ついせんだってまでは、「聖戦完遂」だの「一億火の玉」だの「神州不滅」だのと公言していたくせに、降伏したとたんに今度は「戦争ははじめから軍閥と財閥と官僚がぐるになって仕組んだものであり、正義にもとる侵略戦争であった」などと盛んに書いている。
  全く人を馬鹿にしている。
  それならそれでなぜもっと早く、少なくとも戦争になる前にそれをちゃんと書いてくれなかったのか。
  それが本来の新聞の使命というものだろう。無責任にもほどがある。

7 日本の豹変ぶり
  原子爆弾をはじめ、日本がアメリカにこれだけひどい目に会わされていながら、まるで何事もなかったかのように睦まじく肌を温めあおうとしている。
  ご機嫌取りにきゅうきゅうとしている。
  これがついせんだってまでは、「世界の一等国」だの「東亜の盟主」だのとふんぞり返っていたのだからあきれる。
  世界の国々は恐らく、こんな日本の無節操な豹変ぶりに眉をひそめているだろう。

  日本人は忘れっぽい。忘れてはならないことまで忘れすぎる。
  戦争中のアメリカに対するあれだけの熱っぽい憎悪感、敵愾心も、負けたとたんに雲散霧消する。
  そしていつのまにか、アメリカがなくては夜も日も明けないと言った具合に早変わりする。

  過去のことをケロリと忘れて、いまのように欲得に目のくらんだ指導者の言いなりになっていると、そのうちまたアメリカからこっぴどい目に会わされるだろう。


nice!(1)  コメント(0) 

空襲とカーチス・ルメイ [昭和史]

 空襲.png 

1 日本への空襲(「太平洋戦争」 家永三郎(1913~2002)著)
  太平洋戦争の敗色濃厚な1944年後半から、日本の各都市は米航空機の空襲に晒されることになった。
  日本人は明治維新後初めて本土内の戦場化という体験を味わった。
  米空軍は軍隊や軍需工場ばかりでなく、住宅地域・商店街にも焼夷弾や爆弾による無差別攻撃を加え、しらみつぶしに焼き払っていった。

  ことに1945年3月10日の東京空襲では、約300機のB29爆撃機が下町地区を周辺から囲んで火攻めにする戦術が取られ、2時間足らずのうちに83,793名という大量の死者を出すことになった。
  負傷者は90,918名、罹災者1,008,005名であった。
  この夜投下された焼夷弾は18万個を超えていた。

  また、8月7日の豊川海軍工廠に対する空襲では、動員されていた二千数百名の一般市民が、集中的な爆撃投下により即死した。

2 空襲の体験 (「東京の戦争」 吉村昭(1927~2006)著 に拠る)
  3月10日の空襲の数日後、欄干から川をのぞくと、二、三十体の死体が、まるで大きな筏のように寄りかたまって浮かんでいた。
  衣類に焼け焦げの後は全くなく、私はそれらが窒息死したものであるのを知った。
  壮大な燃焼作用で酸素が無に近くなり、川に身を入れた人々は窒息した。

  それまで私は、焦土と化した地で多くの死体を見てきた。
  路上にただ一体横たわっている炭化した焼死体。
  風で吹き寄せられたように一か所に寄りかたまっていた黒い死体の群れ。
  それらを見てきた私には、死に対する感覚が失われていたのか、橋の下に浮かぶ遺体の群れにほとんど感慨らしいものは胸に浮かんでこなかった。

  4月13日の夜、住んでいた日暮里の町にも大量の焼夷弾がばらまかれた。330機が来襲した。
  壮絶な情景が眼の前にひろがっていた。
  視野一杯に炎が空高く噴き上げ、しかも渦巻いている。
  空には火の粉が歓声を上げるように舞い上がり乱れている。
  得体の知れぬ轟音が私の体を包み込み、大津波が私に向かって押し寄せてくるような感じであった。

  翌日、家のあった場所に行き、火熱が如何にすさまじいものであったかを知った。
  庭の池には十尾ほどの鯉が飼われていたが、むろん水は蒸発していてコンクリート張りの池の底が露出していた。鯉の骨ぐらいは残っているだろうと思ったが、見当たらず、骨も気化したのを知った。

3 カーチス・ルメイ
  日本への空襲を指揮した米空軍の将軍。
  太平洋戦線に来る前は、欧州戦線でドイツへの爆撃を指揮していた。
  1945年1月から、サイパン島の基地から日本への空襲を指揮するようになった。
  それは、日本の大半の都市を襲い、一般市民の殺戮を目標としたものであった。

  終戦後、ルメイは米空軍の幹部となり、朝鮮戦争では100万人以上の民間人を殺すことになる空爆を指揮した。
  また、1962年のキューバ危機では、ルメイはキューバ空爆を提案したが、これは退けられた。
  1965年からは、ベトナム戦争で北爆を推進した。

  このように、ルメイは空爆による一般市民の殺戮を常に考える人間であった。

  しかし、こともあろうか日本政府は1964年、このルメイに勲一等旭日大綬章を贈った。
  航空自衛隊の育成に貢献したというのが贈呈の理由であった。
  当時は佐藤栄作が総理大臣。日本の国民が戦争中、いかに悲惨な目に会ったか、理解していないことが分かる。この佐藤首相がノーベル平和賞を受賞しているのが、また皮肉。
  

ノモンハン事件 [昭和史]

ノモンハン事件.png

 *以下に拠る。
  ①「ノモンハン戦争」 岩波新書、2009年刊。 著者はモンゴル学の田中克彦さん。
  ②「静かなノモンハン」 講談社文芸文庫、1983年発表の小説。
    著者は、小説家の伊藤桂一(1917~2016)さん。

1 ノモンハン事件
(1)事件の経緯
  1939年5月、満州国とモンゴルとで国境線について紛争になっていた地域で、日本軍(関東軍)並びに満州国軍と、ソ連並びに蒙古の連合軍との間で、4か月にわたり激しい戦闘が繰り返された。

  ソ蒙軍は、日本側が想定していた国境線を越えて侵入し、優勢な戦力でその地帯を確保し続けた。
  戦車、装甲車は日本92台に対しソ蒙軍は500台、火砲は日本82門に対し、ソ蒙軍は370門であった。
  
  9月に入り、ソ蒙軍はヨーロッパで第二次世界大戦が始まったことから、また日本側は日中戦争が泥沼化しており戦力分散を避けたかったことから、お互いに停戦に合意した。
  日本側は、ソ蒙側が主張する国境線を容認せざるを得なかった。

  戦死者数は日本側7,720人に対し、ソ側9,703人と推定されている。
  お互いに損耗の激しい戦いであった。
  日本側は劣勢の装備で、よく戦ったと言うものもいる。

(2)事件の背景
  このような大規模紛争に至った要因としては以下のようなことが考えられる。
  A 日本側の要因
   ア 島国の日本は国境紛争に慣れていなかった。
      日本側は相手の同意なしに国境を設定し、武力により維持できるものと考えた。

   イ 関東軍内部の一部将校の独走を許した。
    関東軍は、東京の参謀本部の同意を得ずに大規模な軍事衝突を起こし、相手国の航空設備に対する空爆まで行った。

  B ソ連側の要因
   ア ソ連は日本側が国境を越えて、モンゴルを侵略することを恐れていた。
   イ ソ連は、モンゴルが社会主義のソ連友好国となるよう、モンゴルに圧力をかけており、満州国との国境紛争で勝利を収めることが不可欠であった。
 
2 鈴木上等兵の証言(「静かなノモンハン」から)
  1938年1月召集、旭川の部隊に入隊、3月に満州へ移動。
  1939年8月、ノモンハンに向け出発。
  近くの町まで汽車で行き、そこからノモンハンまで216キロを歩いて進むことになった。
  気温は日中は40度を超え、夜は15~6度に下がった。
  途中3日間の休息期間も含め、行軍に17日間を要した。

  前線に着き、部隊は横に散開して進んだが、前方に敵の戦車の一団が現れ、横に広がりながらこちらに向かってきた。
  味方の野砲隊が戦車に向けて発射をはじめ、敵戦車の砲撃も始まり、たちまちに周りは彼我の砲撃の音で、地面が動転するほどになった。
  砲弾の落下につれて、周りの死傷者の増えてゆくのが分かった。
  夜になって、私の中隊では半数近くの93名の死傷者を出していたことが分かった。
  自分だけは必ず生き抜いて見せる、というわけのわからない確信だけは身に充満していた。

  翌日も、砲弾は、よく限りもなく続くものだ、と感心するほど、あとからあとから撃ち出されてきた。
  砲弾の落ち続く合間を縫って先へ先へと進んだ。
  2台の戦車が真直ぐに進んできた、また、火炎放射器があたりを薙ぎ払うようににして迫ってきた。
  身をかわしたり、戦車の後にくっついたりして逃げ回った。
  しかし、戦車の機銃弾に打たれ、空中に跳ね上げられた。
  砲弾穴に身をひそめ、戦車は遠のいていったが、おびただしい出血をしていた。
  出血を止めなければ死ぬと思い、ズボンのポケットから泥だらけのタオルを取り出し、傷口に押し込んだ。

  その後、出血が止まっていることが分かり、自力で退避して、何とか生き延びた。
  しかし、病院で見た新聞には、戦死者名簿の中に自分の名前が載っていた。
  また、原隊に戻ると、祭壇にあるおびただしい遺骨箱のひとつに自分の名前が記されていた。


「戦艦大和 生還者たちの証言から」 [昭和史]

IMG_20170726_0002.jpg

  岩波新書の一冊。2007年刊。
  著者は、毎日新聞社の栗原俊雄さん。

戦艦大和.png

1 巨大戦艦の建造
  戦艦大和は、太平洋戦争開始直後の1941年12月16日に完成した。
  起工から丸4年、当時の国家予算の6%を投じて造られた。
  当時、世界で最大のドイツの戦艦に比べて、戦艦大和の排出量は1.5倍であった。

  主砲の最大射程は42キロメートル。敵艦の主砲弾が届かない距離から、大和は最強の威力を持つ主砲を一方的に打ち込むことができた。
  しかし、この距離では砲弾の飛行時間が約80秒にもなり、敵艦が弾を避ける時間的余裕が大きく、命中させることは容易ではなかった。

  巨大戦艦の建造には海軍内部にも反対論があった。
  ① 巨大戦艦を1隻や2隻建造したところで、生産力が日本と比較にならないほど大きいアメリカに直ぐ追い越されてしまう。
  ② 巨砲大鑑1隻の損失は全戦闘力の低下をもたらす。
  ③ 不死身の戦艦は出来ない。
  ④ 建造のために巨額の施設費を余分に必要とする。

  また、航空母艦を中心とした高速攻撃部隊である「機動部隊」が各国で編成されつつあった。
  海軍では、戦艦を建造する莫大な費用を、航空機増産と搭乗員育成にあてるべき、といった声が出ていた。

  予想の通り、太平洋戦争初戦で、海軍航空部隊が真珠湾を攻撃し、また、マレー沖でイギリスの主力戦艦2隻を撃沈した。
  戦いの主役が戦艦から航空機へ移っていることを示し、戦艦大和は生まれると同時に無用の長物となった。

2 ミッドウェー海戦
  1942年6月、日本海軍は、米機動部隊を叩くため、戦艦大和のほか空母4隻をミッドウェーに進出させた。
  しかし、日本軍は空母4隻ならびに熟練の航空機搭乗員200名以上を失った。
  米軍は日本の暗号を解読し、迎撃態勢を取っていた。
  
  戦艦大和は大した戦闘に参加することもなく、トラック等の湾内で通算13か月間停泊することになる。
  戦艦大和は設備が良く、冷暖房完備、専属のコック付きで「大和ホテル」と呼ばれた。
  近くのガダルカナル島では、飛行場奪還を目指した日本兵6千名が飢えに苦しんでいた。

3 レイテ海戦
  日本海軍は、1944年10月、米軍のフィリピン上陸を阻止するため、大和を含む戦艦9隻、重巡洋艦13隻などがレイテ島に向かった。

  しかし、米軍の航空機により、戦艦武蔵をはじめとする戦艦3隻、航空母艦4隻、重巡洋艦6隻などを沈められた。
  戦艦大和は魚雷を被弾したが、沈没は免れ、呉に寄港して修理を受けた。

4 沖縄へ
  米軍は1945年4月、沖縄本島への上陸を開始した。
  戦艦大和が沖縄方面へ進むことについては、目的地に到達前に壊滅させられることは必至、ということで反対論が強かった。
  出来たばかりの空母「桜花」が1944年11月に、紀州半島の潮岬沖で米潜水艦の魚雷により沈められており、日本沿岸でさえ米軍の脅威にさらされていた。

  しかし、米軍が3月に慶良間諸島に上陸した際、米軍に対して航空機による総攻撃を行う旨、天皇に上奏したところ、天皇から「航空部隊だけの総攻撃なのか」との発言があり、軍令部総長から「海軍の全兵力を使用します」と回答した。
  当時、航空部隊は特攻攻撃などにより死闘を続けていたが、皇国存亡のこの際、大和をはじめとする艦船をつかわぬ法はあるか、という声も増えていた。

  こうしたことから、戦艦大和を含む艦船10隻に対して沖縄に向かうよう命令が出された。
  しかし、艦隊は飛行機の護衛がない、裸での出動であった。
  護衛機のない艦隊が空からの攻撃に対して如何に無力かは、周知のことであった。
  艦隊の司令長官は、部下をむざむざ犬死させることになるとして、なかなか納得しなかった。
  しかし、「一億総攻撃のさきがけになってもらいたい」との説明に、「そうか、それならわかった」と了承した。

5 出航、そして撃沈
  4月6日夕刻、艦隊は山口県徳山を出航した。大和には3,332人が乗っていた。
  米軍は翌日朝8時に艦隊を発見した。
  戦艦大和は昼過ぎから米軍機386機の攻撃を受けた。
  午後2時23分、大和は大爆発とともに沈没した。
  沈没地点は屋久島の西方で、沖縄には半分も進んでいなかった。

  10隻の艦隊のうち、大和を含め6隻が沈んだ。
  戦死者は大和で2,740人、全体で4,044人だった。

「植村直己の冒険学校」 [昭和史]

IMG_20170720_0005.jpg
  文春文庫ビジュアル版の一冊。1994年刊。

  著者の植村直己さん(1941~1984)は、登山家、冒険家。
  主な業績は・・・
  1968~1970 世界初の五大陸最高峰登頂
    欧州   モンブラン    4,810m
    アフリカ キリマンジャロ  5,895m
    南米   アコンカグア   6,959m
    北米   マッキンリー   6,194m
        (現在は「デナリ」と呼ばれている)
    アジア  エベレスト    8,848m

  1974~1976 北極圏12,000m犬ぞり探検(グリーンランドからアラスカまで)
  1978    北極点単独制覇
  1984    マッキンリー冬季単独登頂

  1984年、マッキンリーの登頂成功は確認されているが、帰路遭難して帰らぬ人となった。
  同年、国民栄誉賞受賞。

  本書は、植村さんが残した録音テープを基に、死後出版された。

IMG_20170720_0002.jpg

1 歩く
  1971年に、北海道の稚内から鹿児島まで3,000キロを52日間かけて歩いた。
  一日平均60キロ。
  所持金3万円、装備らしきものは一切持たずの旅。
  
  この走行の収穫は、この体の状態ならどのくらい歩けるか、どいう体のコンディションで歩くのが一番いいのか、体を中心にして物を判断するのが正確にできるようになったこと。

2 退く
  進むか退くか、いったん休むか、行動の中で最も重要なこと。
  一般的に言えば、行動は体力の50~60パーセントのところでとどめておかなくてはいけない。
  
  退くとか、じっとしているというのは難しいこと。
  しかし、体力はいつも蓄えがあるようにして、出し切らないこと。
  出し切った時は、体が動かなくなって生き延びることが難しくなる。

3 悪天候
  極地の場合ならブリザード(地吹雪)のときは、絶対に動いてはいけない。
  けがをしたり、凍傷にかかったりするのが目に見えている。
  
  日本の山でも、激しい雨風の時は行動すべきではない。
  どんな時でも雨で体を濡らしてはいけない。
  風も、風速1メートルにつき体温が1度奪われる。
  風速10メートルで気温が10度下がるのだから恐ろしい。

4 凍傷
  まず、寒さによるすごい痛みがくる。
  その後、その痛みがすっと消え、そこの色が乳白色になる。
  これをほっておくと、本物の凍傷にかかってしまう。
  
  だから、足だったら必死になって素早く動かす。
  顔の場合は、素手でほっぺたなり鼻なりを温める。
  そうすると乳白色が消えて元の色に戻ってくる。
  と同時に痛みが帰ってくる。

5 極地での服装
  極地では、なんといってもエスキモーの人たちと同じ装備が一番。
  マイナス30度を超すと、ダウンジャケットより、エスキモーが昔から使っている毛皮の方が断然優れている。

  上着はカリブー(トナカイ)の防寒服。
  ズボンはシロクマの毛皮で、ひざまである半ズボン。
  その下にアザラシの毛皮の長靴。

6 生肉
  エスキモーの人たちの家で暮らし始めた時、最初に目にしたのが、天井からぶら下がって血を滴らせている肉の塊。
  それは脂と血でどす黒くなっていて、薄気味悪いものだった。

  エスキモーの一人が切り分けてくれたのを口の中に入れたが、口の中に生臭さが充満してくると、飲み込もうという気持ちが薄れてくる。
  無理やり飲み込んで、うまいという表情を作ると、また肉を切り取って出してくる。

  そうして数日も経つと、これはもう少し脂の味があった方がいいとか、もっと生臭さがあった方がいいとか、分かるようになってくる。

  エスキモーの人たちは、肉を焼くのを嫌がる。

7 キビヤック
  グリーンランド北部の、キビヤックという料理は、皮下脂肪を残したアザラシの皮で作った袋に、アバリアスという渡り鳥をたくさんそのまま詰め、1年間ほったらかしにして寝かせる。

  エスキモーにとっては、これが最高の御馳走。
  強烈なにおいがするが食べるとうまい。
  正直言って、最初はこの食べ物には度肝を抜かれた。
  しかし、そのうちもう虜になってしまう。

IMG_20170720_0003.jpg

日本人によるスイスアルプス登頂の歴史 [昭和史]

IMG_20170713_0001.jpg

  4,000メートル前後の高峰が聳え立つスイスアルプス。
  そこに日本人登山家が偉大な足跡を残した。

  以下に拠る。
  ・「山の旅」 岩波文庫 

1 アイガー東山稜の初登攀
   (3970メートル)  槇有恒     1921年
  当時、南側と西側からは登頂できていたが、東側と北側はまだ誰も登ったことがなかった。
  東側は約3,000メートルの断崖が屹立している。
  3人のスイス人ガイドとともに登頂。

  アイガーは石灰岩でできている。
  概して、岩の面が平滑で堅く、手足の懸かりが少なく登りにくい。
  この辺りは、分厚なスレートの層を斜めに重ねたような感じである。
  
  午後5時、山稜の一地点に、間口が60センチ、奥行きが120センチほどの自然にできている穴を発見し、露営の場所と決めた。

  日が暮れ切ると、風も雲もだんだん激しくなって、雪さえ降ってきた。
  粉雪が目にも耳にも吹き込む。

  翌朝、午前6時に行動を開始し、3,500メートルくらいのところに辿り着く。
  ここまでは、今までこの山稜の登攀を試みた人たちも登っているが、この上の急にそそり立つ痩せた絶壁がこの人たちを追い返した難場である。

  この難場の200メートルを登り終えるのに、朝の9時から午後の5時までかかった。
  午後7時15分前、ついに頂に立った。

  直ぐに降り始め、ふもとの町に戻ったのは午前3時であった。

  朝になると、花火がとどろき、広場は人の群れだ。
  皆がおめでとうと言う。
  村の山と言っても良いアイガーの、それも村からよく見える東山稜が、長い間登られずにあったというのだから、村の人たちが喜んでくれたのは、もっともだと思う。

2 ウエッターホルン西山稜の初登攀  
   (3701メートル)  浦松佐美太郎  1929年

  山へ登る者の数が増え、技術が発達するとともに、昔の人たちが念頭にも置かなかった岩角や氷の懸崖に、新しい魅力を感じるようになる。
  かくして、山はそのあらゆる方面から、人によって頂上が極められるようになった。

  ウエッターホルン西山稜も、アルプスに残されていた問題の一つであった。
  麓の村々の者には、不可能の山稜として思いあきらめられていた。

  しかし、あきらめきれないスイス人ガイドがいて、私にこの西山稜を一緒に試みることを薦めた。

  朝4時、小屋を出てガイド二人とともに登り始める。
  しばらく氷河を登る。
  大きな塔のように聳え立つ褐色の岸壁の、北側の麓に当たる所で、ともかくよじ登れそうな 足場を見出す。
  ずるずる崩れ落ちる足場の悪い岩を登ってゆく。

  岩の角に足を掛けて向こう側へ飛ぶ。
  下をのぞくと、靴の先のひっかかっている岩角から真直ぐに600メートル下のクリンネ氷河までの間は、空気の他には何もない。

  岩が凍っているので指に吸い付く。
  50度から60度の急さだったろう、背中のルックサックが体を後ろへ引くのに苦しまされる。

  さらに上へと昇り始める。
  汗で体がぐっしょりと濡れている。

  難所を超え、丁度12時、岩の上に腰を下ろし、ルックサックを開いてあるだけの御馳走を食べる。

  最後の急な斜面を登る。
  青空へ突き刺すように昇っていた氷の一線が、とたんに目の前に切れてなくなる。
  頂上だ。

3 アルプス三大北壁の登頂   今井道子
   女性として初めてアルプスの三大北壁の登頂に成功した。
  
      1967年 マッターホルン北壁登頂  4477メートル
      1969年 アイガー北壁       3970メートル
      1971年 グランド・ジョラス北壁  4208メートル

<アイガー北壁>
IMG_20170713_0002.jpg