So-net無料ブログ作成

[英国王のスピーチ」 [映画]

1476739573372-2113398996.jpg  2010年に制作されたイギリスの映画。ヨーク公アルバート王子は吃音に悩み、人前で話をすることができなかったが、次男であるにもかかわらず、英国王ジョージ6世とならざるをえなった。しかし、オーストラリア出身の言語療法士の助けを借り懸命の努力をして、第二次大戦下、ラジオを通して国民に語りかけ続け、国民を鼓吹することができたという実話に基づく映画。アカデミー賞作品賞を受賞した。吃音に悩む英国王を演じた英国の俳優コリン・ファースも主演男優賞を獲得した。言語療法士を演じたジェフリー・ラッシュは助演男優賞にノミネートされたものの惜しくも受賞は逃した。英国王妃を演じたヘレナ・ボナム・カーターも素晴らしい。私にとって、何度でも繰り返し見たい映画の一つです。

「王様と私」 [映画]

1476326441117-677075910.jpg  タイ国王ラーマ9世の容態悪化が伝えられているが、タイ国王といえば「王様と私」というミュージカルを思い出す。タイ国王とイギリスから来た女性の家庭教師との交流を描いたもので、古くはユル・ブリンナー、最近では渡辺謙により国王役が演じられてきた。私がロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場で25年前にこのミュージカルを見たときは松本幸四郎が国王役を演じていた。家庭教師役はスーザン・ハンプシャーさんというロンドン生まれの女優さんで、2か月弱の期間の公演であった。

「セントオヴウーマン夢の香り」 [映画]

1475842156205-2113398996.jpg1992年制作のアメリカ映画。好きな映画の一つだ。盲目の退役軍人と若者の交流を描いている。盲目の退役軍人を演じ切ったアル・パチーノはこの演技でオスカーの主演男優賞を獲得した。タンゴ・ダンスの相手を務め、セントオブウーマンのその人を演じたガブリエル・アンウオーの美しさも印象的だ。この映画はオスカーの作品賞や監督賞にもノミネートされたが、受賞は逃した。